読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブな人見知り

いろんな所に凸したレポート

入れ墨画家と裏の顔

はい、お子様は帰れ!
f:id:edgwcnn34:20150507125126j:image
ギャラリー新宿座で開催中の一人称二人展に凸してきたよ。

事前知識ゼロです(笑)

いや、よく行くギャラリーだからって、入った瞬間、オープニングイベントやってた。
f:id:edgwcnn34:20150507125212j:image
刺青の原画に囲まれて、緊縛でもストリップでもない表現、ダンス。
f:id:edgwcnn34:20150507125249j:image
一番気になったのは、この方の楽器。
f:id:edgwcnn34:20150507125320j:image
この太鼓、結構高音が出る&足の鈴って何て楽器だっけとかモヤモヤと。

後に調べてガチタンバリン演奏者大石竜輔氏と判明。

大石竜輔

フィナーレ。
f:id:edgwcnn34:20150507125400j:image
事前知識ゼロはダメだなとちょっと後悔…初めから見てたら違ったかも。



展示の方は小妻要氏と小妻容子氏の展示。

要=容子。

これが今回の展示のタイトルの意味。

入れ墨美人画としての要氏の裏の顔、入れ墨美人責め絵師としての顔が容子氏になるわけです。



要氏。
f:id:edgwcnn34:20150507125559j:image
f:id:edgwcnn34:20150507125623j:image
f:id:edgwcnn34:20150507125722j:image
立派。現代でこれだけ見事な墨入ってる人は少ないんじゃないかなと思いつつ。



容子氏。
f:id:edgwcnn34:20150507125918j:image
f:id:edgwcnn34:20150507125952j:image
f:id:edgwcnn34:20150507130043j:image
これも日本の伝統なんでしょうけど、痛ってぇ…

SMというより拷問だろみたいな物もいくつか。

それこそ日本の裏の顔ですね。

この二者を同時に展示するのは今回が初という事なので、人の二面性を見に行ってはいかがでしょうか?



一人称二人展
〜2015年5月14日