アクティブな人見知り

いろんな所に凸したレポート

美しい世界

さて、皆さん、ハンカチの準備は出来ましたか?

 

HASEO氏トークショーラスト。

f:id:edgwcnn34:20170930210939j:image

美しい世界。

 

振り返る事、7〜8年前。

 

HASEO氏が金色のベンツに乗っていた頃まで話が遡ります。

 

もう、その頃のHASEO氏、パリピの中のパリピ、もしくはそれ以上の何かって感じの成金でして。

 

で、そんなアートなパリピ集団で当時作っていた作品集、BIVLE.

 

サークルのノリでやっていた活動。

 

小さな頃からなりたかったカメラマンにいざなっても他の事業で上手くいき、片手間でやっていたと。

 

その中でもクリエーターを集め、造花を使い、CGを使いその当時に撮影した作品、それが美しい世界。

 

悲しい物語はそこの打ち上げから始まります。

 

HASEO氏と奥様と新婚のヘアメイクと焼肉食べて次も撮りましょう、そんな約束をしていた矢先。

 

その約束は叶う事がありませんでした。

 

4日後、ヘアメイクの方は息を引き取りました。

 

日本でも指折りの珍しい病気、内臓が腐るという病気で彼女は亡くなりました。

 

病室で旦那様を前に言った最後の言葉は愛してるでもありがとうでもなく、

 

 

 

「HASEOさんと作品を撮れて良かった。」

 

 

 

その言葉を言ってすぐ、息を引き取ったと。

 

その言葉を聞いた夜、HASEO氏はゴルフクラブをへし折り、ヨットの免許を破り捨て、ベンツの鍵を奥様に渡し、酒が飲めなくなってもいいから作品撮りを続けさせてくれ。

 

そう言ったそうです。

 

はっきり言ってもっと良い物が撮れた、手を抜いてた、なのに何故、最後の言葉が一緒に作品を撮れて良かったなんだと。

 

そこからHASEO氏の作品に対する姿勢が変わります。

 

CGも造花も使わず、本物の美しさを。

 

そこから今までの笑顔や笑い声から厳しさや罵声が出るようにも。

 

 

 

この撮影、トラック2台分の生花を使い、夜中の2時にセットを組むというスケール。

 

スタッフに大事な撮影とだけ伝えて、それでもスタッフが流石に付いて来れなかったレベル。

 

それでもHASEO氏は薔薇の棘で血塗れになりながらも作業を続け、それを見たスタッフが信じて付いて来てくれたと。

 

 

 

この美しい世界、これはHASEO氏がイメージするヘアメイクさんがいる天国です。

 f:id:edgwcnn34:20170930210757j:image

これを撮るのに7〜8年も掛かった、遅過ぎたけどようやく撮れた。

 

そう言って旦那様とふたりでこれを報告した時はずっと泣いていたと。

 

そう語ったHASEO氏も語りながら泣いていました。

 

 

 

人は必ずいつか死ぬ。

 

今日かもしれないし、もっと先かもしれない。

 

それでもその時に全力を尽くした作品があれば後悔しなくて済む。

 

そういう事を学ばされたトークショーでした。

 

もしくは知ってるのに忘れていただけの。

 

 

 

生きてる時間は一瞬です。

f:id:edgwcnn34:20170930214130j:image

一期一会。

 

という訳で今回しんみりしましたが、凸したレポートを書き終えました。

 

うん、なんたって会場で話しかけれなかったしね。

f:id:edgwcnn34:20170930214936j:image

ある種のラブレターみたいなもんです、今回のレポ。

 

 

 

是非、これを読んで気になった方は展示に凸してみて下さい。

 

HASEO写真展『美しい写真絵本の世界』
http://www.yaesu-book.co.jp/events/fair/12760/
〜2017年10月11日

 

 

闇王の写真絵本

闇王の写真絵本

 
女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド (玄光社MOOK)

女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド (玄光社MOOK)

 

 

 

フィクションの中のノンフィクション

皆さん、写真絵本はご存知ですか?

 

写真?絵本?

 

どっちだよ‼︎ってツッコミ入れたくなりますね。

 

今回そんな写真絵本の出版記念トークショーに凸してきたよ。

 

 

 

HASEO

 

このブログの事は忘れてもこの名前は覚えて帰って下さい。

 

闇王の写真絵本

 

中二病感満載のタイトル。

 

今日、凸する予定無かったんですよ。

 

で、気が付いたらトークショー会場にいましたね、愛ゆえに。

 

圧倒的なやり過ぎ感が好きなのです。

 

HASEO氏の写真は僕の中の日本人カメラマン二大巨頭でして。

 

ひとりは村田兼一氏。

 

捕まって欲しい。

 

って思いながらも村田氏の展示は毎回行きますね、愛ゆえに。

 

そして、HASEO氏。

 

過去に村田氏の個展にHASEO氏が来た時は勝手にガクブルしてましたね。

 

さて、それはさて置き、会場へ。

f:id:edgwcnn34:20170930195335j:image

座った位置が左隅で正面にはこの写真。

 

後にこの写真の事実に泣かされます。

 

 

 

今回のトークショーは珍しく写真の講座等ではなく、作品の解説。

 

童話を元にストーリーを作る

 

その中身。

 

 

 

ヴァンパイア。

f:id:edgwcnn34:20170930200150j:image

皆さん、ヴァンパイアって言ったら何を想像しますか?

 

そう、ですよね。

 

しかし、HASEO氏のポリシーに、全て美しく、グロい物は使わないという縛りがありまして、こちらのストーリー、好きな人に愛されると永遠の命が手に入るというオリジナルのストーリー展開になっています。

 

で、写真の方も絵本ではいくつかありまして、ヒアルロン酸を注入したような若い肌から老婆のように老いを経て装いもボロボロに。

 

これ、元ネタはヴァンパイアじゃないですか。

 

更なる元ネタ、ぶっちゃけ人間の女性です。

 

愛がなくなって関係が悪くなっていくっていうHASEO氏が実際に見た体験を元にストーリーを作っています。

 

…おい、絵本的ファンシー要素どこ行った?

 

リアル過ぎるだろ。

 

 

 

さて、気を取り直して次に。

f:id:edgwcnn34:20170930200901j:image

白雪の騎士。

 

女王の前で、旦那、子供を殺され、復讐の為に悪魔と契約する。

 

復讐するまで死なない身体に。

 

そしていざ復讐しようとすると他人に復讐するべき相手を殺され、永遠に魔法が解けない。

 

死ねずに、復讐も出来ずにずーっと永遠に生きる。

 

 

 

これの元ネタは復讐しようとした相手が交通事故で亡くなるというとある復讐に燃えた家族の実話を元に。

 

重いわ。

 

この絵本のストーリー、フィクションだけど、ノンフィクションじゃねーか。

 

 

 

さて、続きまして。

f:id:edgwcnn34:20170930201645j:image

赤ずきんぎょ。

 

HASEO氏は毎年、赤ずきんをテーマにした作品を作ってまして。

 

HASEO氏には珍しくヴィジュアル先行で作られた作品。

 

トークショーの解説で、モデルさんには悪いけど、モデルは写真のパーツのように扱います。

 

という話が出まして、理由が、カメラマンが有名なのは誰々を撮ったカメラマンだから有名っていうのがありまして、それで有名なのはそのタレントさんの力もあってなので、それは本当に実力なのか。

 

だからモデルは直前で決めるし、撮ってダメだったら当日でも別のモデルを使う。

 

ヒロインが変わっても映画の素晴らしさは変わらない、そういう物を狙っていると。

 

聴いてて、ぶっちゃけ意外でした、HASEO氏のモデルって美人多いから。

 

頭蓋骨理論でどうにでも撮れるんでしょうが。

 

さて、話戻すとこのネタ、アートアクアリウムが元ネタにあって。

 

マネーの匂いがするようになった今のアートアクアリウムより良いの作れるってやったのが、この作品。

 

 

 

さて、ここで問題。

 

男性カメラマンに足りない物はなんでしょう?

 

色彩?

 

そうですね、カメラマンは重鎮になるとモノクロ写真しか撮らなくなりますね。

 

おっと、これはオフレコだった。

 

 

 

正解はファッション。

 

端折りますけど、これはわかる。

 

ファッション畑の人間から見たらこの娘、ベース良いのにクソダサいって事はあるあるですしね。

 

ましてフツーのおっさんが女性のお洒落わかるわけないと思うんですよ。

 

HASEO氏のアドバイス雑誌そのままコピーしろっていう根も葉もないけどとても正しいアドバイスでしたね。

 

赤ずきんぎょの衣装、10回以上作り直してる。

 

デザインする側からしたら、恐らく刺したいクライアントだと思いますね、それくらいHASEO氏徹底した拘り。

 

 

 

愛の詩。

f:id:edgwcnn34:20170930203343j:image

個人的に一番好きなシリーズ。

 

好きな人が亡くなって、埋めてっていう感じのお話。

 

亡くなってなお、狂ったようにピアノを弾き続ける。

 

愛って基本的に狂う行為だと勝手な解釈があります、あくまで個人的に。

 

そしてこの作品作り、いいねー実に狂ってる。

 

前乗りして、写真で撮りたい月が真上に来るタイミングまで粘った後に、翌日の真夜中にピアノセッティングして撮影するっていう拘り。

 

 

 

ラストのひとつ前の解説。

f:id:edgwcnn34:20170930204120j:image

シンデレラ。

 

僕、シンデレラには思い入れがとてもありまして。

 

ぶっちゃけ僕のやりたい事ってある意味でHASEO氏と被ってる部分が大きいんですよね。

 

女の子を綺麗にしたいっていう。

 

その辺は別のエントリーでやるとして、シンデレラの話なら丸1日語れる。

 

そんなヘビーな思い入れがあります。

 

さておき、このシンデレラの元ネタ。

 

これHASEOストーリーなんですわ。

 

自分を信じるっていう。

 

だって、この物語、12時に解ける魔法なんていらね、その代わり2年後に自力で舞踏会来て王子ゲットするわっていう、いいぞ、この時代感。

 

もっとやれ。

 

っていう非常に共感出来るストーリーになってまして。

 

名古屋から東京に進出出来たのは自分を信じてやってきた結果だというHASEO氏のひとつの節目の作品でした。

 

 

 

さて、長くなったから後編へ続きます。

 

 

 

闇王の写真絵本

闇王の写真絵本

 
女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド (玄光社MOOK)

女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド (玄光社MOOK)

 

 

 

オバケと現実

皆さん、幽霊見た事ありますか? 

 

僕まだ見た事ないんで見たいんですよね。

 

って事で今回、お台場にある台場怪奇学校に凸して来たよ。

f:id:edgwcnn34:20170924231710j:image

お化け屋敷です。

 

お化け屋敷じゃ本物いないじゃんってそこの貴方。

f:id:edgwcnn34:20170924231811j:image

もうね、わざとらしいくらいに本物アピールしてる。

 

いや、わざとです、ビジネスです。

 

でもな、先に一個だけ伝えたい事があるんだけど。

 

 

 

きちんと騙されるのも大人の仕事。

 

 

 

とある企画でアイドルと行くって企画だったんだけど、まさかの別の組みになりまして、はい、下心は切り捨てて入りましょう。

 

絶叫回数ランキング2位!

f:id:edgwcnn34:20170924232143j:image

恐怖度ランキング3位!

 

さっ、期待値上がりましたね。

f:id:edgwcnn34:20170924232430j:image

説明を受けて、いざ中へ。

 

4つのパターンがあるらしく、本日のオススメ、トオルをチョイス。

 

イジメを受け、教室で首を吊った幽霊。

 

 

 

…超怖くない?

 

このご時世にイジメで小学生が首吊りっていう設定を躊躇なく出来るって超怖くない?

 

 

 

はい、逸れましたが本編へ戻ります。

 

紐を持って数人で中へ入ります。

 

はっきり言おう。

 

先頭オススメ!

 

というか、これを楽しめる人数はぼっち、もしくはカップルの二択。

 

それ以上だと恐怖薄れるよ!

 

うん、お化け屋敷ですね。

 

個人の感じ方次第ですけど、リアリストは楽しめないからバカになろう。

 

 

 

迷路でもなくルート決まってるから結構早く終わります。

f:id:edgwcnn34:20170924233919j:image

終了。

 

ん、怖くなかったです、ぶっちゃけると。

 

カップルが一番正しいリアクションで出口から出て来たからそれがお化け屋敷の唯一の正解だった気がします。

 

 

 

恐怖ってなんだろーなって思いながら、ヤクザと飲んだ時とか、CT受けた後に親御さん呼べますかって医者に言われた時、最近だと警官に囲まれた時とか思い出してね、現実の方がよっぽど怖いわって結論に辿り着きましたね。

 

 

 

これから辿り着く結論、お化け屋敷はデート向き。

 

Q.E.D.

 

 

 

台場怪奇学校

http://obakeland.net

総量3.5kgのストロベリーパフェ

皆さんパフェは好きですか?

 

あの夢が詰まった食べ物。

 

今回はそんな夢を満喫すべく、王様とストロベリーに凸して来たよ。

f:id:edgwcnn34:20170924151247j:image

武蔵小山駅から数分。

 

着いた瞬間に名物、キングパフェ実寸大の写真に迎えられます。

 

ワロス

 

いや、知ってましたよ?

 

今回の凸した目的だから。

 

60cm3.5kgのパフェ。

 

えっ、これマジで食べるの?

 

って一緒に来た女性と数分のやり取りを行い、逆にこれ食べないなら今日何しに来たの?

 

っていうデートぶっ壊すトークしてましたね、振り返って考えると。

 

文字に書き起こすって大事ですね、冷静になれるから。

 

このお店自体はデートで使えます。

 

可愛い感じの店内に可愛いメニュー。

 

が、しかしだ、デートでキングパフェは選んじゃダメ!

 

想い出には残るけどね。

 

という事で店内。

f:id:edgwcnn34:20170924152031j:image

これで取り分けて下さいっていうスプーン。

 

サイズがね、おかしい。

 

女性の位置から見たら遠近法的に正しいけど、僕の位置から見ても奥のスプーンの方がデカいっていう現実感を。

 

コーヒー。

f:id:edgwcnn34:20170924152421j:image

一杯300円。 

 

なんで太字か意味がわからない人は過去のエントリーを漁ろう!

 

キングパフェ注文。

f:id:edgwcnn34:20170924152619j:image

なんていうかな、圧倒的。

 

パフェって可愛い食べ物じゃなかったっけ?

 

あー、デカい。

 

さっきのスプーンと比べると。

f:id:edgwcnn34:20170924152851j:image

あっ、ちょうどいい大きさ。

 

って既に何か可笑しかったんですけど。

 

味は美味しいよね。

 

全6種類のパフェの味があるんだけど、店の名前からストロベリーを今回チョイス。

 

ソフトクリームをどんどん攻めます。

f:id:edgwcnn34:20170924153101j:image

ソフトクリームをお腹いっぱい食べるっていう経験は初。

 

ソフトクリーム部分は完食。

f:id:edgwcnn34:20170924153222j:image

これもう一度言いますけど3.5kgだから、総量。

 

ヨーグルトとかじゃなく、延々とアイスクリームだから。

f:id:edgwcnn34:20170924153343j:image

ちゃんとコーンフレーク入った一般的なパフェの作り。

 

正しい食べ方は飲むらしいよとかパフェに謝れって個人的に思う発言も出つつ。

 

ここでギブアップ。

f:id:edgwcnn34:20170924153646j:image

悔しい…

 

というか女の子とふたりで食べれる食べ物ではないです、キングパフェは。

 

4〜5人くらいでワイワイしながら食べるのが一番正しい食べ方だと思います。

 

リベンジしたい…

 

 

 

王様とストロベリー

http://ousamato15.webcrow.jp

ルビンの壺が割れた

皆さん、人に言えない秘密はありますか?

 

パンドラの箱みたいな爆弾。

 

 

 

王様の耳はロバの耳って叫ぶための穴って必要だと思うんですよ、どの時代も。

 

今回も姉の結婚式の帰省中に読んでいた本の紹介。

 

ルビンの壺が割れた

f:id:edgwcnn34:20170924144614j:image

これ簡単に言うとストーカーの話。

f:id:edgwcnn34:20170924144708j:image

結婚式当日に結婚相手が式場に来ない。

 

その相手をフェイスブック30年振りに発見してメッセンジャーでのやり取りをしつつ過去を懐かしむっていうストーリー。

 

僕これ結婚式の待ち時間に読んでましたからね?

 

はっきり言って読んではいけないベストタイミングでこの本をチョイスした自分のセンスにビビるレベル。

 

 

 

30年前のこの時、こうだったよね、とか懐かしんでるのも束の間、この物語の本質はルビンの壺が割れてからです。

 

結婚式に来なかった理由を巡っての過去との攻防。

 

一言だけネタバレというか、この本の言葉を借りると、

 

私は生まれながらの犯罪者などというものは存在しないと思っています。犯罪には、そこに至る理由がある。決して彼だけが悪いのではないとー。

 

 

 

ん、個人的には結構イムリなネタ。

 

この本、はっきりと申し上げまして、気持ち悪いです。

 

キモいっていうポップな言葉じゃなくて、気持ち悪い。

 

人によっては拒絶してもおかしくないです。

 

作者が伝えたい言葉は最後の一行なんですよね、見事なまでに。

 

万人受けはしないけど、このブログ読んでるメンタル強い読者の方にはオススメします。

 

 

 

ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた

 

 

体液フェチの書いた懺悔本

皆さん、ナンパした事ありますか?

 

もしくはされた事。

 

僕?

 

かつてネットワークビジネスに洗脳されてた時にした事ありますね。

 

そのエントリーも機会があれば。

 

ネットワークビジネスは闇でしたね。

 

 

 

今回は凸した訳ではなく、姉の結婚式で地元に帰った時に読んでた本の話。

 

声をかける

f:id:edgwcnn34:20170923115802j:image

その感想。

 

なんでこの本を帰省にチョイスしたのかはわかりません。

 

結婚式と真逆の位置と言ってもいいくらい幸せになれない感じのナンパ本です。

 

ナンパブログ始めますって影響受けたヤツがいてもいいレベル。

 

 

 

心理カウンセラー高石氏が書いた本。

 

フィクションっぽいけど、体験談が混ざってる気がします。

 

理由?

 

この本読んでもわかるけど、高石氏、セックス依存症だから。

 

それがわかるのはこちら。

 

峰なゆかの女口説き飯

http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/1655

 

オザケンヘアーのカウンセラーが高石氏です。

 

峰なゆかは母校一緒でしたね、というか同期でした、途中で辞めちゃったけど。

 

ぶっちゃけ同期で一番の稼ぎ頭じゃないのかな。

 

 

 

さて、話が逸れましたがこの本、体液フェチの感想を淡々と書いた本になります。

 

メインはナンパの希望とか絶望とかそういう事と人間関係書いた本なんですけど、最終的にメンヘラが手に負えなくなって失ってから気付く懺悔本となっています。

 

女性レベルが高くてそれは都市伝説だろって方々も登場しますが、この本には登場しないけど、高石氏の彼女のひとり、知ってる人だし。

 

今付き合ってるかは知りませんが。

 

その娘もレベル高いからあながちフィクションだけでもないんだろうなってのが、個人的なガチな感想です。

 

別角度からしか感想書いてませんが、人間関係でトラブルをお抱えの方、参考になるかもしれません。

 

 

 

声をかける

声をかける

 

穴兄弟と飲んだ話

先日、姉の結婚式でお兄ちゃんが出来ました。

 

今回はと飲んだ話。

 

 

 

皆さんに兄弟はいますか?

 

いらっしゃらない?

 

リアルな兄弟がいない場合、このブログを読んでいる世代は親に頼んでも弟が出来たりしませんよね?

 

それは世の中のルール。

 

でもな、いきなり弟が出来たりするんだぜ?っていうピュアさゼロの今回のエントリー。

 

 

 

某飲み屋にて。

 

端折りますけど、飲み屋で会ったイケメンと共通の友人の話題になりまして。

 

コアな飲み屋だから知り合いの知り合いは繋がってるっていうのはあるあるなんだけど、その知り合いっていうのが僕の元セフレでして。

 

 

 

おっ、弟だと…

 

にっ、兄さん…

 

 

 

なんだ、これ。

 

何だろう、この感動しない運命の再会は。

 

いくら歌舞伎町だからって穴兄弟に会わねーじゃん?

 

 

 

これノンフィクションだから。

 

数年前に決別してる仲とは言え、キツイぞ?

 

あー、その節はお世話になりました。

 

っていう会話くらいはしましたね、THE社交辞令

 

で、弟が持ってた物がね。

f:id:edgwcnn34:20170919222914j:image

全力でネタっぽいけど、マジでノンフィクション

 

この弟とは稀に飲む関係性で落ち着きました。

 

 

 

お前ら、コンドームの着用は忘れずに!