読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブな人見知り

いろんな所に凸したレポート

写真の可能性

齋藤陽道氏をご存知だろうか?
2013年にワタリウム美術館で個展を開催した写真家。
f:id:edgwcnn34:20150424212643j:plain
今回、ワタリウム美術館のカフェでの展示に凸してきたよ。

齋藤氏を知ったのはNPO法人MFMSで知ったんだけど、今回の写真は過去の物も含め、綺麗な感じにまとまっていました。

齋藤氏を注目した理由は、ひとつは耳が聴こえない写真家であるという事。
音楽の写真が多いのは考えされられました。

と、そこまでの表現ならあると思うんですよ、多分。

齋藤氏の被写体に盲目の方がいる。
耳が聴こえないカメラマン、目が見えないモデル。

はっきり言ってこれは交わるのは不可能だと思った、でも齋藤氏は写真の表現を変えて来た。

色味はなく、無色透明。
その代わりに凹凸がある。
触って見える写真。

これを初めて見た時は鳥肌立ちました。
モデルの方も、目が見えない人が写真を楽しめる、これは革命ですよ。と。

純粋に写真としての表現も、写真の表現を変えた新たな写真も、今後注目したい写真家のひとりです。




『写訳 春と修羅』齋藤陽道写真展
http://www.watarium.co.jp/onsundays/event/event&cafe.html
〜2015年5月17日

齋藤陽道

「見た目問題」解決NPO法人マイフェイス・マイスタイル