読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブな人見知り

いろんな所に凸したレポート

ジュディー・シカゴとろくでなし子の違い

f:id:edgwcnn34:20150419205252j:plain
ろくでなし子氏と柴田英里氏の対談。数回に分けます。



ろ…まんばんわー。今日はマンポジウムにお越し頂き、ありがとうございます。

柴…ろくでなし子氏の作品の感想を少し話させてもらってもいいですか?

私はろくでなし子氏の作品を見た第一の印象がすっごいバカバカしいなと思いまして。

でも、このバカバカしいというのは完全に褒め言葉でして、それはまんこっていう物を今まで日本では物凄く神秘的かワイセツか?

要は、母かエロかみたいな女性のね、聖母マリアマグダラのマリアみたいな凄く古くから女性を二分化するっていう事からバカバカしさによってこれを脱臼してしまっている、コロコロコミック的なギャハハハハと笑う世界ですよね。

そういう表現をされているので、凄く面白いなと思ったんですけれども、だけれども一方でフェミニズム、例えば、フェミニストだったり、美術史家がジュディー・シカゴ氏がやったじゃないか、ジュディー・シカゴ氏と何が違うんだってそういった観点で、もう1970年代にやった事をまたやったって意味がないって言われる事もあると思うんですよ。

だけれども、私はろくでなし子氏の作品と、ジュディー・シカゴ氏の作品の決定的な違いは、このバカバカしさにあると思うんですね。

勿論時代も違うってのもありますけど、フェミニズムアートってペシミズム、痛み、女性が受けて来た痛みだとか怒りだっていうのが、一番表面化する事が多くて、それは1950年代までは女性に参政権がなかったり、もっと昔だと財産を継承する権利がなかったり、もっと国によっては凄く抑圧をされて来た歴史の中で、やっぱり痛みに触れなければどうしようもなかったっていう面があるけども、だけれども、日本って実際問題、今でも男女格差だったり、入社する段階で男女の均等じゃない実状はあるにしても、バブル以降、バブルの時代に、凄く儲かってしまったからそれ以前のウーマンリブが女性の権利を獲得するぞ!って言わなくても、当たり前の女性として生きていても、お金が貰えたり、アッシーメッシー貢ぐ君みたいな女性にお金を使うっていう文化が男性の美徳とされてしまったので、凄く女性差別みたいな物が見えずらくなってしまった。

ろ…そうですね、アッシーメッシー貢ぐ君っていうのは、私が大学生に入るぐらいまでは、まだ生存してて、これから美味しい思いを出来るぞっと思ったら急に不景気になって。

全くそんな人はいなくなってしまいましたね。

柴…今の若い世代とかバブル以降の世代っていうのは、学校教育でも男女平等を教えられていますし、実際に四大に普通に進学したりとかで、女性であるから選挙権がないとか、財産を相続出来ないとかそういう事がなかったので、やっぱり1960〜70年代の女性達の感覚とは違うし、突き詰めれば差別されているけども、表面上は凄く女性として生きやすいみたいな感覚になっている。

それは痛みという事は出来るんだけれども、痛みにしても多分種類が違って、石を投げられる痛みと、真綿で締めつけられ圧迫される痛みってやっぱり違うんで、そういう真綿で締めつけられるような今の現在の日本の2000年代以降のバックラッシュみたいな状況の中でもバカバカしさっていうのは凄く重要だったと思います。

ろ…ありがとうございます。

やっぱり一番感想を言ってもらって嬉しい言葉はクソ笑ったとかバカバカしいって言われるのが一番嬉しい。

それを狙ってやっているので、前からそうなんですけど、本気で怒る人とかがもっと面白がればいいのになって思うんですけど、世の中結構、生き辛いというか息苦しいなと感じますね。

柴…まさに、本気で怒る人、まんこで遊ぶなんてけしからん、みたいな意見っていう、後はその、ろくでなし子氏の作品はワイセツでないっていう主張ですし、私はろくでなし子氏の作品を見て、バッカだなぁ〜とは思うけど、エロ〜いとは全然思わないんですね。

で、確かに性器を使ってワイセツな行為をする方も居ますけども、性器を使ってワイセツな行いをしない人もいますし、ワイセツな事をする身体の器官って性器だけではないですよね?

ろ…そうなんですよ。

柴…全身、性感帯みたいになる事もあれば、人間以外に欲望する人だっているじゃないですか。

ろ…ハイヒールとかそういう。

柴…ハイヒールとか、そうヤン・シュヴァンクマイエル氏っていう、チェコクレイアニメーションの大御所がいるんですけれど、彼の作品で悦楽共感者って作品が私は凄く好きで、要はアブノーマルな人達を色んな事象を写していくんですけども、それで、指サックに超興奮する人だとか、鳥の羽根に超興奮する人だとか、自分でその、自分が性的にエクスタシィを得る作品を作っていくんだけれども、ハタから見たら全然エロくもないしバカバカしいだけっていう。

ろ…でも、その人達は本人は?

柴…本人はアァーみたいな。

ろ…へぇー面白いですね。

柴…面白い、なんかやっぱこうワイセツではないか、ワイセツかっていうのって、そんなこう簡単に決められないと思うんですね。

ろ…そうですね。

柴…人によりけりですし。

なので、後は別に私の身体をバカバカしいと思われたくない、女性器をバカバカしくされたくないっていう意見もあると思うんですけども。

ろ…そう、それ聞いてビックリしたんですよね。

凄いプライド高い人がいるんだなぁと。
私が低過ぎるのかな?

柴…それっていうのはお互い様の権利で、自分の身体をバカバカしくする権利もあれば、自分の身体を崇拝する権利もあるので、それってその、どっちも同じだと思うんですよ。

ただ、自分が私の身体は神聖だからバカバカしくしてる奴なんて居なくなれとか逮捕されたっていいじゃないか、そういうのは絶対にあってはならないと思うんですよ。

要は自分と違う意見の奴は殺してもいいとか罰されても当然みたいに思ってしまう事がファシズムみたいな物の始まりかなと思うので。

ろ…怖いですね。

柴…だから、ろくでなし子氏みたいな表現っていうのはどんどんやって欲しいなと思っています。

ろ…ありがとうございます。

私はあんまり、漫画にも描いているんですけど、目的もなくやってたら、気付いたら捕まってた。

どうしようって感じなんですけど。

それすらもネタだなって。



一旦区切り。続くよ。